So-net無料ブログ作成

時間は優しい を掘り下げてみる [日記]

こんばんは

暗黒面てらねまんの日記です

今夜は時間について語ってみようと思います

19802-01.jpg

私の告白


私が帰郷したのは、神戸の大震災の年末です

私はその当時、神戸の兵庫区に住んでいましたので、モロ被災しました

会社は震災の年末に倒産というか、整理され、私は実家に戻りました

実家に戻ってからは地元の環境事業に携わり、サラリーマン生活をエンジョイ

翌年の春に父がうつ病を発症、通院させ、様子を見守っていたのですが

4月半ばに自宅近くの納屋で自殺  首吊りでした

私が勤めていた会社に祖母から連絡が入り、すぐに自宅に帰りました

パトカー、野次馬など あたりは騒然としておりドキドキしながら、現場へ

父はまだぶら下がった状態のまま、現場検証が行われていました

固く目を閉じ、口から泡を吹いた父の壮絶な死に顔・・・・

今も忘れることはできません  ショックがでかすぎて涙は出ませんでした。


内容がハードすぎますよね・・すいません 


それからはバタバタ、あまり記憶に残っていませんが葬儀など後処理を済ませ、1週間後に仕事復帰

復帰初日に職場の上司(ツルツル頭のいかつい方なんですが)から言われた言葉

「2ヶ月後には笑えるようになる。 誰でも経験する事だから今はじっと耐えろ!時間が癒してくれるから」

その言葉が今も心の中に残っています

実際のところ、四十九日を済ませ、ひと段落着いた頃には少し笑えるようになりましたね



祖母はかなり苦しんでました

90歳を過ぎて長男に先立たれ、よく涙を見せていました

ショックのせいで認知症が一気に進み、3,4年で完全に寝たきりになりました。


母は感情を表に出さない人だったので淡々としてました

祖母の介護で必死で、悲しみに暮れているようなことはなかった 母は強し!ですね。


私は躁鬱状態が激しくなり、不眠症になり、趣味に没頭する時間が多くなりました

父の死後、2年ぐらいで会社を辞めて、それからは自営の仕事やアルバイトや職を転々とするようになりました

ま、本当に好き勝手し放題! 生活は荒れ、酒に溺れ、借金生活・・・

周囲からはボロクソに言われましたが うつ病のことは誰にも打ち明けず

自分と常に格闘していました。

恥ずかしいというか、オヤジがうつ病で死んで、息子もかよって思われたくなかったし

かなり意地を張っていました。結局、私が弱すぎたってことを自分で認めたくなかったのでしょう


うつ病とは長い付き合いになっちゃいました。通院もさけていましたし、薬も服用せずでしたから・・・



 自分と本当の意味で向き合えたのは、40歳ぐらい。 うつ病になってから10年後。

兄だけには告白しました。やっと肩の荷が下りたようでホッとできましたね。

でも、過去をなぞってブログの記事をまとめいる今も、肩はパンパン。普通に書きまとめることができません

まだ、完全回復とはいえないようで・・未だに引きこもっています

生活スタイルは完全に変わりました。一人になったので犬を飼い、仕事は季節労働

今は山岳ガイド、農業、ネットビジネスなどで生計を立てています

夏、冬場のみ民宿だった母屋を開放して、お客さんと触れ合う時間を持つようになりました


人に雇われる生活から卒業して、自由に行動できる時間を増やしました

生活は苦しいものの、こうやって自己発信できる時間を持てるようになり、自分なりには満足しています


苦しかった10年間 その時間ってものが どういうものだったのか、考える時間を持てるようになりました

余裕が生まれました

苦しんだ時間・・・

その時間の意味ってなんだろう・・・

現実から逃げると 
  


現実から逃げて、自暴自棄になると、周囲が見えなくなり、冷静な判断ができないようになります

落ちていく速度も半端ないです 当然、孤立します 苦しみます のたうち回ります

地獄のような苦しみを味わいます

時間の存在意義


でも、その苦しみの時間は必要なものなんですよ!絶対に。

悲しみ 悲嘆に暮れる時間は 実は「時間が与えてくれる癒し」なんです

大切な故人を共有する時間、自分自身と向き合うきっかけを運んでくれているのです

時間というものは 自分にとって必要不可欠なものを 運んでくれる

とっても優しいものなんですよ

大切な人間が心の中で語りかける 故人を本当の意味で弔う瞬間を運んでくれる作用を持つ

「時間」 

時間は自然と一体のものです。 目の前にあるものなんですが、誰も気づけないもの

でも、本当に苦しいときは時間の存在意義に気付けます

目を覚ましてくれます 世界観が変わります

苦しめば苦しむほど 時間は 優しくなります

優しくあなたを包んでくれます

苦しみが去ると、段々と冷静に考えられるようになります

冷静になると、記憶が加工されていき、苦しい過去が心の中にすんなりと収納できるようになります



苦しい時は立ち止まって ゆっくり考えてください

じっくり考え込んでください 自分を壊さない程度に

まずは自分と向き合う 逃げないこと

自分のことは自分でしか解決できませんし

逃げ回ると 倍加されて、苦しみがもっと増しますから


ただ、時間は優しい ってことだけ、忘れないでください

苦しくても あなたの中に流れている時間は 優しいものなんです

あなたを助けてくれる 最大の守護天使 なんです


自分のために、時間 ってものについて あなたなりに考えてみてください。

20130725ikuho53.jpg

来月は我が村のスキー場で働く予定です 

リフトの椅子を取り付けたり、ゲレンデの整備をするだけなんですが、山仕事は楽しいですよ(笑)







 









 

































タグ:癒し 時間
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。