So-net無料ブログ作成

「NTR」から連想するスケベな脳内構造と日本人 [日記]

「NTR」「寝取られ」「ねとられ」「寝取られ妻」


最近はエロが氾濫しすぎて企画勝負で売上を競うのがトレンドになっている模様
素人 熟女 寝取られ 人妻など…
アダルト業界のトレンドがさまざまに分岐している世相に
日本人の偉大さを感じます(笑)

「自分の壁」の一文です
     ☟
頭の中で危険なこと、いやらしいことを平気で日本人は妄想します
日本の春画は、驚異的な表現力と量の豊富さを誇っています
あれは生殖行為の時の脳の中身を
外部に出して絵にしたものです
生殖器が体全体に比べて異常に大きいのも、そのせいです
ああいうものを考えて、絵にするということに
日本人はあまり抵抗がありません

と、養老孟司さんは書いています
江戸の時代から日本人は思想の自由を尊重していたようですね

また、こんなことも仰っておられます
        ☟
現在、世界のインターネットの書き込みのうち
70パーセントは日本語だといいます
日本語を使っているのは全世界の人口の2パーセントですから
いかにそれが多いか
考えてみると恐ろしいほどの量です

日本人の特徴は
☆頭の中が好き勝手☆ 
「実害ないだろう」ということを平気で言える
恐るべし!日本人

実は、私
日本人であることを誇りに思っています(´・ω・`)
日本!wonderfull



日本人の脳内では危ないこと、いやらしいこと、に関する物語が渦巻いているんでしょうね
風俗の規模 多種多様な趣味に対応した風俗店の存在を考えると
とてもうなずけます

妄想に罪はなし
行動すると逮捕される

私は考えること自体が好きなんでよく妄想します
行動はしません 尻が重いし優柔不断です
スピードが鈍く いつも置いていかれる存在です
まったりと生きることを
人生の目標に掲げています
色んな考えやいいアイデアが思い浮かぶのですが
ちゃんとまとめることができません
常に相手の顔色を伺います
臆病な人間です


草食系の日本男児です






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うつ病の告白と流れ 自伝を書いてみる [日記]

今まで経験した仕事の中で面白いものがあります

なんだと思います?

13歳からオカルトに惹かれ関連した書籍を読みあさるようになりました
最初は宇宙人関係だったかな
その当時はUFOブーム 超能力ブームでユリゲラーさんが有名でした
私も真剣にスプーン曲げに挑戦したことを覚えています
それから宗教関係
密教や禅にはハマリまくり写経や坐禅など、夜中にマジに取り組んでいました

そのあとは聖書を読み込んだり
哲学にハマりました
ホワイトヘッドは高校生の時に読みました 多分誰も知らないと思いますが(笑)
難しくて挫折
挫折してはまた読んだり
哲学は面白かったなー
とんでもなく変わった高校生でした…(´・ω・`)

高校を卒業して京都の会社に就職
2年後に神戸に引越し。 20歳でした
ひとり旅が好きで休みのたびに放浪してました
絵をかいて売ったりして、旅費を稼いで旅を継続させたこともあります

京都のお寺巡りをしていた時に
休憩のために入った小洒落た喫茶店でひとつの劇的な出会いがありました
喫茶店のオーナーの30代の女性との出会いが人生観を変えました

その女性は手相に詳しい綺麗な人でした
オカルト好きな私はその女性と仲良くなり交際するようになりました
運命的なものを感じましたが、3ヶ月で破綻
お互いに拘束するような関係だったのでとても苦しくて
私の方から別れを告げました

それから占いに興味を持ち、独学で勉強を始めました
3年で何となくマスターしたような気になり
友人を占ったりして遊んでました
飲みにいったスナックやパブの女の子を占ったりしているうちに
狭いエリアの中でちょっとした有名人になって
三ノ宮にあった「占いの館」で不定期にバイトするようになり
益々占いにのめり込むようになりました…そんなこんなで…省略しますね
長くなるんで

正解は「占い師」です

サラリーマンだったので占いは完全に副業というか、小遣い稼ぎです
週に一晩だけのバイト
夕方から終電が終わるまでの

霊感が強いって感じはありませんけど
博打全般強かったです
競馬では万馬券を的中させたり、馬連1点買いで的中させたことが
よくありました
博打で稼いだ金は全部遊びにつかちゃって
何にもなりませんでしたが

金曜日の夜に競馬新聞を買って
ただ(@ ̄ρ ̄@)ボーって眺めてると
展開が読めてくるんですよ 不思議なことに 
頭の中で明日の競馬の中継がなされるみたいに
的中率は3割ぐらいで 誇れるようなものじゃありませんけど(笑)

それにバカラやポーカーゲーム、麻雀も強かったですね
引きが強くて信じられない展開で勝ったこともあります

23歳で結婚 25歳で子供が出来て博打は卒業しました
占いの方はプライベートで、話があれば月に数件相談にのる程度
子供が出来てからは真面目にサラリーマンやってました

実は占いはとってもしんどい作業なんです
相談者のことにのめり込んじゃって…
頭がごっちゃになって、整理がつかないっていうか
相談相手の感情が流れ込んでくるような感覚があるんです
ひとりの時でも、突然に
痺れたような感覚があって どっと疲れが襲ってくるんです
だから占いからは自然と離れるようになりました

28歳の時に実家の方でいろいろあって
Uターンで地元で働くようになりました
29歳で離婚、それから今まで再婚したことはありません
まあ、父の自殺 祖母の介護から母の介護などなど…
色々ありまくりでうつ病になって紆余曲折で今に至るって感じです

地元に戻ってからは不思議なことがたくさんありました
エピソードがありすぎて、おいおい告白していくつもりですが…
上がって下がって、これ以上は何もおきないだろうと思っていたら
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工!!!
ってなことがおこったり
まあ、色んな経験をさせていただきました

占いの方は今も相談者から連絡が入るんで
年に数回やってます
相談料もいただくようにしています
私の場合 
人が良すぎるんで、解決の糸口が見つかるまでフルサポート
アフターサービス付きなんで(笑)

うつ病が進行しない程度にボチボチって感じですね

占いのアフターサービス付きってのが良かったみたいで
知り合いを通じてお話を頂きました
相談者のプライベートな問題に関わる内容が多いので
プロの方にお任せしないと、本にまとめることは出来ない、
って前々から思ってました
小さい頃からの夢は「作家」でしたから お話をいただけたことには
本当に感謝しています。


人と関わりあうことは
わたしにとって
本当にしんどい作業です
真剣に関わるほど、疲れが増します

一方で天使になって
一方で悪魔になるような
相反する感覚があって 今も自分をコントロールすることが難しいですね
知り合いの占い師さんは短命の方が多いです
真剣にやられている方ほど死期が早いような感じがします
身を削って生きていられる方が多いってことですかね
不思議なものです 善行を重ねる人間が早く旅立つなんて
不合理極まりないと思います



「死」とは
私にとってなんでしょう

死んでみなきゃ分からないことでしょうね

静かに朽ちていければ最高って
今は開き直って考えるようにしています。

暗すぎる話になったんでこれぐらいで切り上げます
1時間もかかってこの記事をまとめてみました
やはり、自伝を書くのは私には無理って分かりました(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。