So-net無料ブログ作成

メンタルヘルスを検索すると・・・ 男性機能喪失??? [ニュース]

スポンサードリンク


注意;気の長い人は最後まで読んでください(´・ω・`)



メンタルヘルス(英: mental health)とは、精神面における健康のことである。精神的健康、心の健康、精神保健、精神衛生などと称され、主に精神的な疲労、ストレス、悩みなどの軽減や緩和とそれへのサポート、メンタルヘルス対策、あるいは精神保健医療のように精神疾患の予防と回復を目的とした場面で使われる。
世界保健機関による精神的健康の定義は、精神障害でないだけでなく、自身の可能性を実現し、共同体に実りあるよう貢献して、十全にあることだとしている[1]。精神的健康は、基本的人権であり、それを最大限に享受するという狙いから精神保健法が制定される。それら法においては、精神障害を人権に配慮して治療し、また予防し、そして社会共同体の中へと回復し、精神的健康を維持し増進していくことがその方法として宣言されている。

新型うつ病[編集]
2000年以降に増えてきたと言われたものには「新型うつ病」[50]と言われるものがある。
「新型うつ病」とはマスコミ用語であるため精神医学上の定義はないが、一般に云われていることは、自己中心的で、他責的で、ストレスを回避しようとする傾向が見られ、通常のうつ病に見られる自責的な苦渋感はなく、自分の行動に対する後悔の念が語られることは稀で、言動に一貫性を欠き[51]、その振る舞いには軽やかさが感じられるとされる。仕事中には抑うつ的なのに、休日や休職中にレジャーを楽しんでいたりする。
こういう文言が並ぶので「病気」というより単なる怠け者的な偏見を持たれることもあり、そうした偏見を煽るような書籍も見受けられる。しかし医師は「本当のうつ病でもないくせに、うつ病、うつ病と騒ぎ立てて疾病利得を得ようとしている」というような冷たい目でのみ見るべきではなく、彼らにかろうじて残されているレジリエンスを最大限に引き出す機会をうかがうべきであるとされる[52]。
精神医学の世界では、重症になりやすい執着気質やメランコリー親和型性格を基盤としたうつ病とは異なるものを、「逃避型抑うつ」[53]。さらに「現代型うつ病」[54]、「未熟型うつ病」[55]、「ディスチミア親和型」[56][57]などという疾患名で議論している[58]。
双極性障害のひとつ、軽躁状態を伴う双極II型障害との近縁性も指摘され[59]、軽度発達障害や適応障害との識別も難しいとされており、通常のうつ病に比べて、抗うつ薬の効果が弱く、軽症ながら難治な病態とされる[58]。

自殺者数の傾向

2012年3月9日内閣府自殺対策推進室発表の「平成23年(2011)中における自殺の概況」[79]によれば、2011年の自殺者数の年計は30,651人で、対前年比1,039人(約3.3%)減であり、2013年1月17日の「警察庁の自殺統計に基づく自殺者数の推移等」[80]では、2012年の累計自殺者数速報値は27,766人(前年比9.4%減)で、1998年に3万人を突破してから14年目にしてやっと3万人以下に下がった。

なんだか難しいようですね(笑)

分かりやすく、うつ病を解説
うつ病はその病名が示すようにうつ状態を中心症状とする病気です。
悲しいことやストレスが重なれば誰でも憂うつになったり気分が沈んだりしますが、
そのうつ状態とうつ病の状態には多くの類似点があり、はっきりと区別がつかないことが少なくありません。
つまり、両者は病的であるかないかの違いに過ぎないのです。
病的でないうつ状態は一時的なもので時間の経過とともに自然に回復していきますが、
うつ病は自然に回復することはなかなか難しく、長期間にわたって持続します。
また、うつ病にはさまざまな身体症状が現れます。落ち込むなどの精神症状が目立たずに
眠れない、食欲がないなどの身体症状が前面に出て、
まるで身体の病気という仮面を被っているようにみえることから「仮面うつ病」と呼ばれることもあります。

どんな症状がでるの?


気分・意欲・思考の低下がみられる精神症状
うつ病はうつ状態を示す気分の低下にはじまって、少し症状が重くなると意欲がなくなり、思考や判断力が低下していきます。さらに症状がひどくなると、顔つきや態度、話し方、行動の様子に明らかな変化がみられるようになります。不安や焦りなどが最初に出現した場合は診断が困難です。

気分の低下
気分がひどく落ち込んだ様子 うつ病の代表的な症状で、気分がひどく落ち込む、憂うつ、もの悲しいなどの気分の変化が現れ、ひどく不安になる、落ち着かない、イライラするなどの不安や焦りが現れます。表情から笑顔が消え、理由もなく涙を流すこともあります。多くの人で朝方が最もひどく、夕方になると少しよくなるという「気分の日内変動」がみられるのが特徴です。気分の低下がひどくなると「自分はダメな人間だ」というように自責感や罪悪感を感じるようになり、重症になると「死にたい」という気持ちが現れます。

意欲の低下
無気力状態で部屋に引きこもっている様子 何事にもやる気をなくしてしまい、無気力状態となり、ひきこもりがちになります。趣味や楽しみに対してこれまでと同じように興味・関心がもてなくなり、何をするのもおっくうに感じるようになるほか、気分転換を図ることができにくくなって、休日は寝床に入ったまま一日中過ごすようになります。また、意欲の低下がひどくなると学業や仕事、家事に支障が出るようになり、登校拒否や出社拒否につながることも少なくありません。

思考の低下
頭がボーっとして考えがまとまらない様子 頭がボーっとしてさえなくなり、考えがまとまりにくくなります。物事に集中することができなくなり、注意力が低下するほか、判断力も鈍るために決断を下すことが困難になります。このため、自分の考えや行動に自信がもてなくなり、物事を悪い方向に考えたり悲観的にとらえるようになります。重症になると、取り返しのつかない罪を犯したと思い込む罪業妄想や、不治の病にかかってしまったと思い込む心気妄想などを訴えることもあります。

うつ病に伴う身体症状

うつ病は身体のいたるところに弊害を及ぼします。睡眠障害、食欲減退・体重減少、全身のだるさ・疲れやすさは多くのうつ病にみられる身体症状です。

睡眠障害
眠れない様子 身体症状で特に注意しなければならないのが睡眠障害です。睡眠障害はうつ病の身体症状としてほとんどすべての人に出現するといっても過言ではありません。うつ病に現れる睡眠障害としては、眠れない、眠ってもすぐに目が覚めるなどの不眠が全体の8割を占め、眠っても眠り足りない過眠が2割を占めます。特に、普段より早く目が覚める早朝覚醒を訴える人が多いようです。

食欲減退・体重減少
食欲がなくやせてきている様子 食欲不振と体重減少もほとんどのうつ病にみられる症状です。何を食べてもおいしくない、味がわからない、砂をかんでいるような感じ、などと表現され、なかば義務感で食事をするようになります。食欲が低下すると人によっては1~2カ月間で体重が5~10kgも減ることがあります。
全身のだるさ・疲れやすさ
うつ病になると特に体を激しく動かしたり働きすぎているわけでもないのに、全身がだるく感じられ、疲れやすくなります。うつ病の疲労感は休息しても疲れがとれないのが特徴です。また、だるさや疲労感に日内変動があることが多く、午前中はひどくだるいのに、午後や夕方になると軽快することがあります。

その他の身体症状
うつ病になるとほぼ全身の身体症状が現れます。動悸、発汗、めまい、しびれ、口の渇き、胸部圧迫感・呼吸困難感、頭重(頭が重い)・頭痛などの自律神経症状や、便秘や下痢、吐き気・嘔吐、腹痛、腹部膨満感などの胃腸症状などはよくみられる症状です。そのほか、性欲の減退もよく現れる症状の1つです。

bandicam 2014-10-28 03-01-29-649.jpg

<
私がうつ病になり、一番感じたこと 驚いたこと

男を失う????
食欲は普通にありましたが、全くなくなったのが性欲!
今でも性欲はありません
年のせいかもしれませんが(笑)
でも40代で性を卒業なんてことはないでしょうから、全く気にしていません。

女性と会話することが鬱陶しくなったり、香水の匂いを不快に感じることがありました
変に好意を持たれると、距離をとりたくなったり、逃げたくなったり…

対人関係がおかしくなりましたね

友人として女性と付き合うなら、全く問題ないのですが、一歩こちら側に踏み込まれてくると
思わず、ビビってしまうというか、腰が引けてしまうというか

かなりの女好きだった私がこうまでジジイになるとは(笑)

女の尻を追い掛け回す悪癖がうつ病のおかげで改善されたことには
心から感謝(*´ω`人)感謝

☟今は愛犬▽・。・▽ワン!と一緒にいるのが一番いいですね

人間相手は疲れます(笑)

201410120422116b9.jpg






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。